広大.topjpg.jpg

​ 令和3年度 

​ 第  回 幼少中一貫教育研究会 

​24

​ 参加費無料 

今年度は新領域「光輝(かがやき)」の研究発表に加え、

保育・教科の実践発表・協議会も実施します。

【オンライン開催】令和12月4日(土)

​文部科学省研究開発学校指定校

広島大学附属三原幼稚園・小学校・中学校

​後援 広島県教育委員会・三原市教育委員会

今年度から申し込み方法が変わります▼

​参加申し込みは公式LINEより受け付けております。

友だち登録後、申し込みフォームを​お送りいたします。

​​※申し込み期限:11月26日(金)

​​LINE以外でのお申し込みはこちら

申し込み済みの方はこちら(準備中)▼

授業動画の視聴や、当日の研究会へのご参加は

こちらのページをご利用ください

研究会参加ページ公開日:令和3年○月○日

​ 研究開発課題 

​新領域「光輝(かがやき)」を中心とした幼小中一貫教育

多様性社会の中で「生きて働く力」を育む

-12年間の一貫教育カリキュラム中心として-

広島大学附属三原 光輝 幼稚園 小学校 中学校
広島大学附属三原 幼稚園 小学校 中学校 研究 文部科学省 カリキュラム

​平成30年度から文部科学省より研究開発学校の指定を受け、

4年計画で研究開発を行なっています。

新領域「光輝(かがやき)」「光輝(かがやき)視点の保育」および

「保育・教科」を含めた全教育課程における

3つの次元(躍動する感性・レジリエンス・横断的な知識)の

基礎となる資質・能力を育成する幼小中一貫教育カリキュラムの

研究開発です。

 新領域「光輝(かがやき)」「光輝(かがやき)視点の保育」とは ​

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

​高度に競争化された多様性社会に適応するために求められる力を

育成するカリキュラムです。

大きな変化の時代にあって、予想できない未来を生き抜くためには、

従来の知識の習得だけでは難しいでしょう。

そのため学校教育で、生活の中でこそ生きて働く横断的な知識を身につけさせ、

めまぐるしく変化する社会を生き抜くために必要な豊かな人間性と、

諦めずに耐え抜く力強さ、レジリエンスを育てる教育へと舵を切っていく必要があります。

さらに、人工知能等に備わっていない価値あるものに気づく、人間らしい豊かな感覚、

​すなわち躍動する感性も大切だと考えます。

​​共有いただくお写真に変更します。

​ 研究内容 

​①道徳・特別活動・総合的な学習の時間のすべての時数と各教科の1/4程度までを含んだ

 新領域「光輝(かがやき)」を小・中学校に設置して単元開発に取り組む。

​②幼稚園では新領域につながる「光輝(かがやき)視点の保育」で3つの次元の基礎となる

​ 資質・能力の育成に取り組む。

広島大学附属三原 幼稚園 小学校 中学校 光輝

​このように「光輝(かがやき)」のカリキュラム開発を通して、

自ら学ぼうとする姿勢、論理的に問題を解決する力、

粘り強く取り組む力、複眼的に思考する力、人間味溢れる豊かな感性、

​未来を創造する力などを子どもたちに育成していくことを目指しています。

光輝(かがやき)実践をご紹介 ※共有されるカリキュラムに変更
浜辺で砂遊びをする子供たち
​転換期(3年・4年)

​文章の一部を掲載

異学年

文章の一部を掲載

詳しい実践内容は公式LINEにご登録いただくと、
ご覧いただくことができます。
​ご参加、お待ちしております。
広大の画像に差し替える

共有いただくお写真に変更します。

広島大学附属三原 幼稚園 小学校 中学校 研究

 第24回 主な提案内容 

・新領域「光輝(かがやき)」の研究発表

・保育・教科の実践発表・協議会

​・講演会 ※内容は未定

第1分科会 新領域「光輝(かがやき)」の研究発表

12年間一貫の発達と接続を意識した学年区分による

保育・授業の中で3つの次元の基礎となる

​資質・能力が育まれている子どもの姿をご覧ください。

 4つの学年区分による保育・授業実践をご紹介 

​部会

実践名

学年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

幼少接続期

​○○○○○○○○

​○○年

​転換期

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

小中接続期

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

義務教育完了期

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

※7~9年生は中学1~3年生です。

第2・第3分科会 保育・教科

新幼稚園教育要領・新学習指導要領で示されている

保育・各教科の「見方・考え方」を働かせた保育・授業実践の中で、

3つの次元の基礎となる資質・能力が

どのように育まれているかをご覧ください。

​ 各保育・教科をご紹介 ※時系列に並び替えます 

【第2分科会】

​部会

実践名

学年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

保育

​○○○○○○○○

​○○年

生活科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

図画工作科・美術科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

算数・科学科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

体育・保健体育科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

社会科①

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

【第3分科会】

​部会

実践名

学年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

家庭科

​○○○○○○○○

​○○年

​音楽

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

国語科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

理科

理科で育む粘り強さ~複数の要素に着目して~

​3年

​特技

子どもが問題意識をもち、

試行錯誤を重ねながら、

事象について追究します。

保育・授業者

伊藤 正統

指導助言

​○○○○○○○○

外国語・英語科

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

社会科②

​○○○○○○○○

​○○年

​特技

​○○○○○○○○

保育・授業者

​○○○○○○○○

指導助言

​○○○○○○○○

​講演会

​神戸大学准教授 北野先生による「講演タイトル名」と、

​千葉大学名誉教授 天笠先生による「講演タイトル名」の2講演ございます。

講演タイトル名 (15:35~16:35)

​講演概要をここに記載

​講師紹介

天笠先生.png

​天笠 茂 先生

​千葉大学名誉教授

講師のプロフィールをここに記載

​​NEXT

​「北野先生の講演タイトル」のご紹介

スケジュール

​午前の部

8:45

​接続開始

9:15

​学校園長挨拶

9:20~9:40

​基調提案

9:50~10:50

第1分科会​光輝(かがやき)】

・大学の先生による講評

・質疑応答

・各キャップより概要発表

ご希望の区分にご参加ください。

11:00~12:10

第2分科会​保育・教科

・大学の先生による講評

・質疑応答

・教科キャップより概要発表

ご希望の区分にご参加ください。

午後の部

12:10~13:10

昼休憩

13:15~14:15

講演会 ※講演タイトル記入

14:20~15:30

第3分科会​保育・教科

・大学の先生による講評

・質疑応答

・教科キャップより概要発表

ご希望の区分にご参加ください。

15:35~16:35

講演会 ※講演タイトル記入

16:35~16:40

​謝辞

申し込みから参加までの手順※要確認

​STEP1

公式LINEを友だち登録​

​期限:令和3年11月26日(金)までにご登録をお済ませください。

​LINEが難しい場合はこちらからお問い合わせください。

​STEP2

​申し込みフォームから申し込み

LINEの方:メニュー又は、友だち登録後のメッセージからお申し込みください。

LINE以外の方:申し込みご案内メール又は、ご案内資料よりお申し込みください。

​期限:令和3年11月26日(金)まで。

​STEP3

LINEまたはメールで受け取る

研究会に参加するために必要な情報(URLやID、パスワード等)を、

LINE又はメールにてお送りいたします。

​配信予定日:令和3年○月○日(○)

​STEP4

事前に各分科会の概要動画を視聴する

研究会前に概要動画を公開いたします。

研究会参加ページより事前にご視聴ください。

​配信予定日:令和3年11月29日(月)

​STEP5

​研究会に参加する

ミーティングソフトZOOMで研究会を開催いたします。

研究会参加ページより当日ご参加ください。

※研究会参加ページにアクセスするにはパスワードが必要となります。

 予めご確認ください。

​※録音・録画はご遠慮ください。

※研究会前日12月3日(金)18:00~19:00まで接続確認を行いますので、

ZOOMソフトの接続に不安のある方はご利用ください。

開催日:令和3年12月4日(土)

※今後、新型コロナウイルス感染拡大の状況等により、変更する場合があります。

​ 変更が生じた場合には、本サイト・学校園HPにてお知らせいたします。

​申し込みはこちら

公式LINE友だちご登録後、申し込みフォームをお送りいたします。

​多くの先生方のご参加をお待ちしております。

公式LINEでは下記の運用を行っております。

・研究会の申し込み受付

・今後のご案内(視聴ページの共有等)

​・お問い合わせ

​​​LINE以外でのお申し込みはこちら

​出版物紹介

幼小中一貫教育で育む資質・能力

​「自ら伸びる子どもを育てる」

広島大学附属三原学校園/編集

​ぎょうせい

​詳細はこちらからご覧ください。

​お問い合わせフォーム

申し込みについて等のお問い合わせは、こちらからお願いいたします。

後日、担当の者より折り返しメールをお送りいたします。

お問い合わせ項目

お問い合わせありがとうございます。

 

広島大学附属三原幼稚園・小学校・中学校

​〒723-0004 広島県三原市館町2丁目6番1号

TEL:【幼】0848-62-4642 【小】0848-62-4238 【中】0848-62-4777

FAX:0848-60-0121(共通)

​株式会社エムセック

​〒723-0014 広島県三原市城町1町目12−5

プライバシーマーク 個人情報保護方針 株式会社エムセック 三原市